キネシオロジーセッションで目指すものは…

みなさまが感じている日々の感情(モヤッ・イラッ・しくしく…など)、カラダとココロの痛みをご自身のチカラでしっかりお手当できる自然治癒力を最大限発揮するためのサポートです。

ひだまり日和のキネシオロジー

「ひだまり日和」では、キネシオロジー、温灸、またはその両方を使い、みなさんの日常生活を今よりも、より生きやすく感じていただけるようなセッションや講座をご提供しております。

 

「もやっ」「イラッ」「寂しさ」「やるせなさ」などの様々な感情は、日常生活の中で時と場を選ばず、出ては消え…出ては消え…を繰り返したり、じわじわと強くなっていく場合もあります。

「肩こり」「腰痛」「関節の痛み」といったカラダの不調も同じですね。

 

では、その感情・カラダの不調は、その後どこへいくのでしょうか?

カラダとココロがうまくお手当して、あなたの外へ出してくれたり、分解してくれたりすることもあります。

しかしどうやら、すべてをお手当しきれないものもあるようです。

お手当しきれなかった感情や痛みは、カラダとココロに残り「あなたとともにこれからも……」となるのです。

大好きな人に「あなたとともに…」と言われるとうれしいものですが、もやっとした感情や痛みといつまでも寄り添い続けるのは正直疲れてしまうかもしれませんね。

 

カラダとココロは「まだお手当しきれていないものが残っているよ。ここを見て、気づいてほしいな」とサインを出すこともあるようです。

それは、季節の変わり目に毎年体調を崩すことだったり…

似たような失敗を繰り返したり…

とても気になることだったり…

自分の言いたいことがうまく言えなかったり…

すごく苦手な人のタイプが似通っていたり…

やりたいことはあるのに一歩踏み出せなかったり…

 

サインの種類は本当に様々ですが、 いま、何かココロに引っかかるものがあったり、生きづらさを感じていらっしゃるのなら、キネシオロジーがお手伝いできることがあるかもしれません。